理化学研究所 脳科学総合研究センター

BSI - トヨタ連携センター

脳リズム情報処理連携
ユニット (北城 圭一)

認知行動科学連携
ユニット (熊田孝恒)

知能行動制御連携
ユニット (下田 真吾)




BTCC 和光サイト

理化学研究所
理研BSI‐トヨタ連携センター
〒351-0198 埼玉県

和光市広沢2-1
BSI東棟 2階

理研BSIへのアクセス


BTCC 名古屋サイト

理化学研究所
名古屋支所
理研BSI-トヨタ連携センター
〒463-0003名古屋市守山区下志段味穴ヶ洞2271-130

理研名古屋支所へのアクセス

理研BSI‐トヨタ連携センターとは

本センターは、脳科学と技術の統合によって生み出される可能性に挑戦し、それを通して未来社会のためのイノベーションを創出することを目指して、理化学研究所とトヨタ自動車が包括的な連携に合意して生まれた研究組織である。
両者はまったく異なる目的と沿革と文化伝統をもつ対照的な組織であり、それぞれまったく異なる形で日本の社会に貢献してきた。この二つの組織が共通の目的のために連携し、それぞれの組織の強みを発揮しつつ力強い協力関係を打ち立て、それを通して新しい研究開発のスタイルを生み出すことができれば、我が国の科学技術にとっても大変意味のあることである。

本センターは第2フェーズに入り, 1) ニューロドライビング 2) ニューロリハビリの二つの研究領域に焦点を絞って研究を行う。研究を担うのは下に表示された3つの連携ユニットである。連携ユニットは和光キャンパスと名古屋キャンパスの二つの地区におかれる。各研究ユニットは、専任の研究員と理研脳研およ びトヨタから出向の研究員からなり、両者の緊密な協力関係が保持されるような仕組みとなっている。
成熟したレベルに達した脳科学と我が国のすぐれたもの作りの技術が協力して生み出す未来技術に期待していただきたい。

國吉 康夫